ケールは青汁の王様

ケールは青汁の王様

青汁の原料となるケールを料理に使った事があるという人は少ないと思います。
栄養はたくさんあるけれど料理には使いにくいためです。
昔の人はこのケールの栄養分の高さを知っていた用で、栄養をきちんととり、そして料理に使いやすいように品種改良を重ねたといわれています。
その品種改良の成果が現在のキャベツやブロッコリーだそうです。キャベツもブロッコリーも、ケールを品種改良して料理に適した形にしたのです。

しかしながら、栄養学というものがない時代の事ですから、品種改良によって栄養がどうなったかということは検証できなかったようです。
実際に、料理にしやすく美味しく品種改良されたキャベツやブロッコリーは、その形や味とは引き換えに栄養素が失われてしまったようです。
青汁に用いられているケールは、キャベツやブロッコリーのように品種改良によって栄養分が失われる前の状態なのです。
ケールが健康に良いというのはこのような理由からなのです。

原因は品種改良だけではないようです。
土壌の変化というものも栄養分の減少に影響を与えているようです。
化学肥料や農薬が多く使われるようになる前には、色々なものが肥料として用いられていましたが、 そのころと比べて現在の土壌は栄養分が少なくなってきているといわれています。
ですから、昔は野菜をきちんと食べていれば十分に栄養が取れるといわれていましたが、 現在では野菜に含まれる栄養素そのものが減少しているため、昔よりもたくさん食べなければならなくなってきたのです。
青汁が流行しているのも、このような事から、栄養を十分に摂りたいという事があるのではないでしょうか。

ケールは地中海が原産の植物ですが、例えばグリーンハウスというメーカーの青汁は、原料として大分県で栽培されたケールを用いています。
ケールといえば大分県というように、大分はケールの主要な産地となっています。
なぜ九州の大分かというと、地中海に気候が似ているからだと言われています。

さて、青汁は一体どれくらい飲めばよいのでしょうか。これは商品によっても異なるようです。
ビタミンやミネラルは、体には必要ですが摂りすぎると過剰症になって体調が悪くなったりしますが、 ケールは野菜ですから、野菜を食べすぎたくらいでは大丈夫です。
ですから、ケール100%の青汁は飲みすぎても問題はありません。